THE CODE
[2009/02/09]
【製作日記:2007/9/11】撮影日誌 vol.26
【製作日記:2007/9/11】撮影日誌 vol.26

上海撮影最終日!!!

朝九時に出発して上海撮影所に。
この一ヶ月通い続けた上海撮影所も今日で見納めです!!
撮影所のナンキンルーでは他の撮影隊の美術班が看板を付け替え、
他の場所では韓国の撮影チームがドラマの撮影をしています。
そんな中、私たちは昨日取りこぼした撮影分から撮影開始。
507、美蘭、情報屋、523が敵のマフィアから逃げるシーンです。
523が運転する車がドリフトします!

その後、松方さんのワイヤーアクションを撮影して、ついに本日ラストの雨ふらしのシーンに。
この撮影が終われば本当に最後です。上海最後です!
雨ふらしは本物の消防車と消防隊員を呼んで撮影。
スタッフはみんなレインコートを来て撮影に望みましたが、
最前線で中国語の通訳をしていたトーマスがレインコートを着ていたにもかかわらずびしょ濡れに(笑)

そして、ついについについに午後11時撮影終了!!!
まだ日本での撮影がありますが、本当に本当にお疲れさまでした!!
そして中国スタッフ、通訳の皆様、本当に本当に本当にありがとうございました!!
今回の撮影で、みんなで一つの映画をつくれば、
言葉や国の壁を越えることが簡単にできるということがわかりました!!

上海の街は2010年の万博に向けてどんどん古い建物を壊して新しいビルを建てていますが、
個人的には今回撮影した古い町並みも残しておいて欲しいと思います。

スタッフのみんなは明日機材をパッキングして、明後日帰国です。
日本に帰ると地獄の日本ロケが待っています。
この日記も日本へ戻ってまた再開します!!

[2009/02/04]
【製作日記:2007/9/10】撮影日誌 vol.25
今日は市内の上海バンドの近くで、アクションシーンの撮影です。
待ち時間に宍戸錠さんにお話を聞き、昔来た時の上海の話や、
この映画についていろいろお話を聞きました。

このお話はメイキングで撮影していますので是非ご覧下さい。
また雑談中に、昔、錠さんが番組で長江を船で四川省までのぼり、
すごく苦労して幻の麻婆豆腐を食べた話を聞きました。
味はただ辛いだけだったそうです(笑)

本日はかなりいい感じで撮影が進んでいったのですが、
時間の関係でどうしてもデイシーンの最後のシーンが撮影出来ず、明日に繰り越しに。
とうとう明日は上海での撮影最終日!!
果たして無事帰国出来るのでしょうか・・・!?
[2009/02/02]
【製作日記:2007/9/9】撮影日誌 vol.24

上海撮影残り3日!あと三日で終わると思うと寂しい気もします。
上海でお世話になった通訳の方、コーディネーターの方、
映画スタッフの方々と共に一ヶ月の間この映画を作ってきましたが、
その中でお互いの考え方の違いや仕事のやり方の違いを肌で感じることが出来ました。
もうすぐお別れするかと思うと本当に寂しいです!!

今日の撮影は宍戸錠さんと松方さんのお芝居。
お二人は昔から共演されてきただけにお互いのことを良くわかっている感じでした。
ふたりともすっごくかっこいいです!

明日は旧果物倉庫(上海バンドの近く)で撮影。
撮影もクライマックスです。

[2009/01/28]
【製作日記:2007/9/8】撮影日誌 vol.23
【製作日記:2007/9/8】撮影日誌 vol.23

いよいよ撮影も今日を入れて残り4日。今日は昨日の続きの撮影です。
松方さんが38式歩兵銃を持って暴れ回ります。
撮影はアクション&発砲弾着のオンパレードでロケセット内に発砲弾着の激しい音が鳴り響きます。
中国で使用している銃はすべて実銃で、撮影では空砲を使っています。
これが、かなりド迫力で、日本式の発砲よりも迫力はあります。
特に機関銃の発砲は圧巻です。
しかし、空砲といえど至近距離で受けるとかなり危険で、安全を確認しながら撮影が進みます。
さらに、本日の撮影のクライマックスはセットに吊られているシャンデリアの弾着、落下です。
シャンデリアの落下は一度しかできないのでミス出来ません。
緊張感がスタッフに走ります・・・。
何度も何度もテストを繰り返していよいよ本番。
弾着担当、発砲担当、アクションチーム、松方さんそれぞれの息を合わせます。
シャンデリアはうまく落下し、弾着、発砲と全てうまくいきました。さすがプロ!!
成功後、他のスタッフからは拍手が。
今日の撮影は朝までかかり、さすがにスタッフはへろへろです。
明日は15時出発で同じ場所での撮影です。
宍戸錠さんと松方弘樹さんの二人が初めて顔をあわせます。楽しみです!

[2009/01/26]
【製作日記:2007/9/7】撮影日誌 vol.22
【製作日記:2007/9/7】撮影日誌 vol.22
今日はイメージメイカーという撮影所から松江区の上海撮影所に移動。
松方弘樹さん初登場です。
松方さん扮する謎の男、椎名が李の屋敷に侵入するというシーン。

このシーンは椎名が敵の中国マフィアを次々と銃で撃ち殺してゆくという場面ですが、
松方さんは銃の扱いやアクションに慣れているので絵になります!かっこいいです!!
さらに、本日、松方さんから日本食の差し入れを頂いたのですが、
この時期、スタッフは日本食に飢えているので、みんなかなり喜んでいました。
本当にありがたいです。
みんなそろそろ、日本に帰ったら何を食べようか考え始めています。(笑)
上海での撮影はあと4日。
約1ヶ月間、長かったですが、振り返るといろいろな中国スタッフや中国の人たちと出会えて楽しかったです!
戻ったら日本ロケ。撮影も残り三分の一。
もう少しです!!
[2009/01/21]
【製作日記:2007/9/6】撮影日誌 vol.21
【製作日記:2007/9/6】撮影日誌 vol.21

今日はおとといの取り残し分の撮影もあるのでボリュームたっぷりの撮影です。
本当は今日は撮休だったのに...。
しかし、撮影はラストに近いシーンで美蘭と507がダンスを踊る重要なシーンなので、
監督も真剣です。同じシーンで何度もテイクを重ねます。
しかししかし、今日の撮影場所は前述したイメージメーカーという場所で、
周囲からは工事の音、クラクション、鳥の鳴き声、別の場所の工事の音。
さらには近くの民家から謎の奇声が...。

待ち時間に情報屋役の松岡さんと話したところ、撮影が無い日の過ごし方の話になり、
松岡さんはホテルの近くを歩いたりとか、
やれることはもう全てやってしまったので何をしようかなぁと言っていました。
確かにTVも言葉がわからないし、できることと言えばインターネットぐらいなのですが、
ネットの速度が遅くて・・・。日本ほどまだ高速回線が普及していないらしいのです。
こういうちょっとしたところで、やっぱり日本っていいなぁと感じてしまいます。

今日の撮影は暗くなったところで終了。
明日の撮影は同じ場所で斉籐洋介さんのシーンからです。

写真は今日のお昼ごはん。

[2009/01/19]
【製作日記:2007/9/5】撮影日誌 vol.20
【製作日記:2007/9/5】撮影日誌 vol.20

今日は外でロケ。車の走り関係の撮影です。
斉籐洋介さん扮する探偵523がスポーツカーを爆走させるというシーン。
スポーツカーを牽引車で引っ張り、その横を別の車が併走して撮影をします。
牽引車はスピードが出ないので
後続の二台の車が一般の車が来ないように車線をブロックして一定区間走ります。

撮影は日光の関係で思うように進まず、ついには雨が降って来ました。
今回の撮影は本当に雨に泣かされています。
ちなみに車はオープンカーなので雨が降ると最悪です。
また、中国の方たちは車の運転が粗々しく、すぐにクラクションを鳴らすので車止めも大変。
24時頃にようやく撮影終了。

明日もすごい分量の撮影が待っています!

[2009/01/14]
【製作日記:2007/9/4】撮影日誌 vol.19
雨です。やはり雨です。朝から昨日よりすごい雨が降っています。
しかも寒いです。
あの暑い暑いと言われていた上海が嘘のようです。
あまりの気象の変化のせいか、体調を崩すスタッフが続出。
そんな中、スタッフのほとんどがもしや今日は撮影中止では?という思いを抱きながら
朝6時に出発して1時間かけて現場へ到着。

現場につくなり助監督チーフと監督、撮影監督、照明技師、録音技師の間で話し合いがもたれました。
一時は撮影中止になりかけましたが結局、雨が降っていても撮れる部分だけ撮ることに。
雨は降ったり止んだりと不安定で、今日も里吉さんと関谷君が工事現場に音止めに。
今日は昨日の教訓をいかしてパラソルを持って行きレインコートも着ていました。

今日は午後2時に撮影終了。
しかし、今日の雨のせいで次の撮休が無くなりました...。すべて天気のせいです!!
[2009/01/12]
【製作日記:2007/9/3】撮影日誌 vol.18
【製作日記:2007/9/3】撮影日誌 vol.18

今日はいつもの撮影所ではなく、イメージメーカーという別の所での撮影。
本日はデイシーンのみのボリューム満点の撮影(台本のページ数で言うと9ページ分)だったのですが、
トラブルがいろいろ起きました。
まず、撮影する場所が池の畔にある廃屋だったのですが、
その池にいないはずのアヒルがたくさんいました。
アヒルは画面には映らないのですが、例によって録音のじゃまになるので移動していただくことに。。
みんなで棒で水面をたたいたりしてようやく成功。

その後、撮影が中盤に差し掛かったところでいきなり雨が降ってきました。
セットは廃屋なので、雨漏りが始まり、
全員で大急ぎで美術品や機材にカバーをして雨が止むのを待つことに。
また外では工事が始まり、近くからドリルのような音が聞こえてきます。。。
制作部の里吉さんと通訳の関谷君が本番中だけ作業を止めてもらうよう工事現場にお願いしに行くことに。
二人はお菓子と、タバコを工事現場の人たちに配り、音を止めることに成功。
途中でまた雨が降ってきたので二人は撮影終了後、ずぶ濡れになって帰ってきました。

というトラブルに次ぐトラブルで結局予定をすべて撮影できず、
明日、続きを撮影することに。
しかし、明日の天気予報も雨。果たしてどうなるのか?
明日につづく・・・
 

[2009/01/07]
【製作日記:2007/9/2】撮影日誌 vol.17
【製作日記:2007/9/2】撮影日誌 vol.17

今日は朝七時に出発し、上海撮影所の横にある本物の警察署で撮影。
本物の警察署なので、中に入ることができるスタッフの人数が20人までと制限されています。

また、警察署の門の外でも撮影したのですが、そこはかなり通行が激しい場所でした。
撮影では本番中は通行の両サイドを止めて歩行者やバイクに
静かにしてもらうようにお願いするのですが、
用が無くてもクラクションを鳴らしまくったり、大声でしゃべったりで、
録音技師の石貝さんのイライラもマックスに...
上海での撮影の難しさがここにも。

通訳のトーマス曰く、
クラクションがうるさいから、大きな声じゃないと会話が成立しないから、だそうです。
ほんとかどうかわかりませんが...。
この日の撮影は午後9時頃終了。明日は6時出発です!!

[2009/01/05]
【製作日記:2007/8/31】撮影日誌 vol.16
【製作日記:2007/8/31】撮影日誌 vol.16

今日は1シーンのみですが、このシーンはアクション。
弾着が絡んでいるのでなかなか大変です。
尾上菊ノ助さん扮する探偵507が中国マフィアにボコボコにされるシーンですが、
このシーン、引きの絵では吹き替えスタントの方が行うのですが、
菊ノ助さんも志願でアクションにチャレンジすることに...!

菊ノ助さんはかなり真剣な目でスタントの方の動きをチェックしています。
菊ノ助さんは今回がアクション初挑戦と言うことでしたが、
一発で動きを憶えて完璧にこなしていました!
アクションチームのグウさんもすばらしいと絶賛です。
なにか歌舞伎に通じるものがあるのでしょうか?
監督は歌舞伎界の宝だからくれぐれも慎重にとスタッフに伝えていましたが、問題なく終了。
深夜4時にホテルに戻って来ました。

明日は念願の撮休です!!
昼まで寝ます!!(笑)

[2008/12/31]
【製作日記:2007/8/30】撮影日誌 vol.15
【製作日記:2007/8/30】撮影日誌 vol.15
今日は廃ビルの屋上(9階)で撮影。エレベーターが無い(!)ので
手運びで機材を9階まで上げます。
屋上は上海バンドの景色が一望できる最高の場所。
ここで宍戸錠さん扮する探偵500が、
バンドの景色をバックに射撃の訓練をするというシーンの撮影です。

銃担当の大宮さんが拳銃に弾を込め、弾着担当の中国スタッフが着弾場所に火薬を仕込みます。
大宮さんと中国スタッフは同じ職業のせいか、今日会ったばかりなのに息ぴったりです。
錠さんが発砲し、それに併せて中国スタッフが発火スイッチを押します。
この中国スタッフは相当なベテランらしく、みんな安心して見ていました。
発火のタイミングも抜群です。まさにプロです。
錠さんの発砲が不発のときも、それを見極めて発火を止めます。
大宮さんも信頼しきっている様子。
アクションチームもそうですが、この手の中国人スタッフは本当に優秀な人が多いんです。

このシーンの最大の見所はラストで錠さんが電飾を撃ち、
看板が外れて落下する場面です!!
この場面は錠さん、大宮さん、中国スタッフ、美術部のすべての息が合わなければ成功しません!!
果たして成功したのでしょうか!?この場面はメイキング班がばっちり押さえていますので、
是非、メイキングを見て下さい!
[2008/12/29]
【製作日記:2007/8/29】撮影日誌 vol.14
【製作日記:2007/8/29】撮影日誌 vol.14

本日は上海市の中心部であり、上海でもっとも有名なバンドの近くで撮影です。
河を挟んで反対側に有名なテレビ塔があり、きらきらしてきれいですが、
夜景自体は意外と暗く、節電のため夜の11時に街のネオンが消えてしまいます。

昨日も書きましたが、今日は本ナイターといって夜遅くまでの撮影。
というか最近、毎日本ナイターですが!!

美蘭にまつわる暗号を507が解読するシーンでは、廃墟のロケセット(昔は果物市場だったそうです)に
美術部さんにより、壁一面に暗号が書かれています!! 圧巻です。
さらにこのシーンはCGのパートが重要なので、CG担当の西尾さんが大活躍。
CG合成用に西尾さんの指示で撮影が進みました。

稲森いずみさん扮する美蘭の背中にこの映画の重要な要素が含まれているのですが、
それは映画を観てのお楽しみです!!では、また明日!眠い!!

[2008/12/24]
【製作日記:2007/8/28】撮影日誌 vol.13
【製作日記:2007/8/28】撮影日誌 vol.13
本日はオープンセットのリトル上海で撮影。
朝七時半にホテルを出発し、1時間かけて撮影所へ。
今日は探偵事務所5の上海支部でのお芝居です。
昨日に引き続き、錠さん、尾上さん、斉籐さん、松岡さんの四人が出演。
セットは狭く2階建てで、作りがやや怪しいので(笑)床が今にも抜けそうです。

そういうわけで、限られた人数しか中に入れません。
休憩中に俳優部と監督が世間話をしていたのですが、
そこで、錠さんの日活時代の話をみんなで聞きました。
やっぱりスターだなあとあらためて実感。

撮影は夜12時頃に終了。明日はナイターです。がんばるぞ!!
[2008/12/22]
【製作日記:2007/8/27】撮影日誌 vol.12
【製作日記:2007/8/27】撮影日誌 vol.12

今日はすばらしい一日でした。
というのも撮影が夜の9時(これって超早いんです!)に終わったのです。
さらに本日は宍戸錠さんの初日でした!
錠さんはご自分の芝居に対してあらかじめプランの考えてくる方なので、
今日もいろいろなアイデアを監督に見せていました。
やはり、オーラがあります。スターです!

撮影終了後、ホテルに戻って、
久光という日本の食品が売っているデパートで密かに大量購入していた日本のカップラーメンを
撮影部と録音部のみんなにあげるとすごく喜んでいました!!
毎日中華ばかりだと、美味しくてもやはり飽きてしまうもんです。
ある人はカップラーメンを食べた後、「こんなにうまい物があるのか」と言っていました。
ちょっと大げさですよね^^

写真は昼撮影した上海市内の下町です。

[2008/12/17]
【製作日記:2007/8/26】撮影日誌 vol.11
【製作日記:2007/8/26】撮影日誌 vol.11
撮影も中盤戦。
本日は上海市内の下町?のような場所で撮影。
陸さんチームが本日も大活躍です。
三人乗りのバイクが狭い下町の路地を縦横無尽に走ります!!

ここの地域は昔からの建物が多く、狭い路地に洗濯物が多くさん乾されています。
僕らが映画でよく見る中国の風景です。
しかし、再開発でかなりの部分取り壊されるそうです!残念。

途中、雨が降ったり、バイクが故障したりと問題はいくつか起きましたが無事終了。
その後セットに移動。
セットで1シーンのみ撮影して今日は比較的早め?夜の12時頃にホテルに帰って来ました!
[2008/12/10]
【製作日記:2007/8/23】撮影日誌 vol.10
【製作日記:2007/8/23】撮影日誌 vol.10

今日は昼の3時開始!!遅い開始?
いやいや、前日帰ったのは明け方なので・・・

というわけで今日もスタッフみんなボロボロで撮影(笑)。
上海ロケが始まってまだ4日目。このままヘビーな撮影が続くのでしょうか?
正直、スケジュールを直視できません!!

さて、今日はナイターの2シーン。
上海のアクションチームが主導でクレーン車を呼んでの大がかりな撮影です。
アクションチームはこういう撮影には慣れているらしく
機敏な動きでこちらの要求に応えて行きます!!

アクションチームの親方である陸さんが大声で若いアクションのスタッフに指示を出し、
そのスタッフがワイヤーを引っ張り、
吹き替えのスタントがみるみるアパートの4階までつり上げられて行きます。
そう、今回の映画はアクションも見所の一つとなっているのです!!
ワイヤーアクション以外にもバイクスタント他いろいろな場面でアクションが盛り込まれていますよ。

そんなこんなで今日も撮影終了は朝の4時...。
みなさん、毎日お疲れさまです!!!そして、おやすみなさいzzz

#写真は撮影所の近くの屋台です(深夜2時)

[2008/12/03]
【製作日記:2007/8/22】撮影日誌 vol.9
【製作日記:2007/8/22】撮影日誌 vol.9

本日の撮影もかなりヘビーです。
撮影は上海撮影所のオープンセットで、デイシーンあり、
本ナイターありとヴォリュームたっぷりの撮影。
前日に続き、稲森さん、尾上さんは出ずっぱりなので本当に大変!!
しかも例によって、セット内の個室での撮影なので暑い。すごく暑い。
今回の撮影で夏にセットで撮影してはいけないということがわかりました(笑)。
しかも撮影は深夜まで及び(終わったのは深夜3時くらい)、
スタッフ、キャストの疲労もピークに。
しかし、ストーリー上の重要なシーンなので、みんな、疲れをものともせず真剣です。

撮影中、蚊のような虫が大量に出現していたので、
虫除けなどの対策をしていましたが、途中から噛まれても無視することにしました。
そしたらホテルに帰ってびっくり。
ありえないくらい噛まれていることに気付いたので、
やっぱり、ちゃんと虫対策はしようと思ったのでした。。。

[2008/11/26]
【製作日記:2007/8/21】撮影日誌 vol.8
【製作日記:2007/8/21】撮影日誌 vol.8
本日の撮影は午前2時30出発で(早っ!!)パラマウント劇場へ。
上海市内の中心部(日本で言うと銀座みたいなところ)にあるパラマウント劇場は、
ネオンが印象的な、クラシックでかっこいい建物です。
普段はクラブとして営業しているそうで、
今日の撮影は稲森いずみさん扮する美蘭がステージ上で歌うシーンを撮影。

今日から稲森さんと尾上さんのお二人が撮影参加ということで、
俄然スタッフの気合いも入ります。
稲森さんも今日のために、歌と中国語とダンスの特訓を行ってきました!!
その成果は是非、劇場でご覧下さい!!
(稲森さんのステージ上のメイクと衣装も必見です!)

撮影は夜の8時頃に終わり、稲森さんは終了まで、ずーーーーーっと、
歌い踊り続けていました!!本当にお疲れ様です!!
さぞ疲れているだろうと思い声をかけると「そんなに疲れていない」とのこと。
スタッフも含め、みんなタフです!!
[2008/11/19]
【製作日記:2007/8/20】撮影日誌 vol.7
【製作日記:2007/8/20】撮影日誌 vol.7

上海クランクイン!!!
朝の7時30にホテルを出て、1時間かけて上海の松江地区というところにあるオープンセットに移動しました。
ぶっちゃけ遠いです!
でも、このセットがすごい!広い!!
とにかく広大で迷子になります。

到着後、稲森さん、尾上さん、松岡さん、木村さんといった俳優部の方々や、プロデューサー陣を先頭に中国式のお祓いがとりおこなわれました。
お祓いはいたってシンプルで、長い線香に火をつけそれを持ってお祈りします。
そして、まったく予告もなく突然すごい量の爆竹を鳴らして終了しました。

本日の撮影は1シーンのみ。
オープンセットの一角にある建物の2Fで撮影をしました。

というわけで、無事に上海での撮影スタートです!

[2008/11/17]
【製作日記:2007/8/19】撮影日誌 vol.6
【製作日記:2007/8/19】撮影日誌 vol.6
ワンシャンハオ!!(こんばんは)
今日は上海クランクイン前日。
明日からついに上海での撮影が始まります!
今日は特にこれといった公式行事は無く、各部署がそれぞれ準備を進めていました。
特に制作部、演出部、美術部といった準備パートは夜遅くまで仕事です。
(現在、午後11時。みんなまだ働いてます)

今日は、中国スタッフのシュちゃんを写真で紹介します。
シュちゃんは明るくてとても日本語がうまいです。
シュちゃんにブログ書くから写真とらせてよと言ったら
「撮らなくていいよ~」と言ってましたが無理矢理撮りました。
写真アップします。(笑)

明日は撮影!!いよいよ始まります!!
[2008/11/12]
【製作日記:2007/8/18】撮影日誌 vol.5
【製作日記:2007/8/18】撮影日誌 vol.5

昨日、無事本隊が到着し、私も本日から市内のマンションを離れ、
撮影隊がいる上海南駅の近くのホテルに移ることに。
マンションからは地下鉄の2号線から1号線に乗り継いで上海南駅下車、
その後タクシーで2キロ程の道のり。
ホテルではまだ部屋が用意されていなかったため(早く来すぎました!)
美術部ルームでPCを置かせていただき作業。
美術部トップの二人、嵩村さんと愛甲さんは中国人かと間違うほど中国語がうまいです!
中国人スタッフともコミュニケーションばっちりです!

その後、私は美術部の後藤さんと通訳の徐さんと一緒にパラマウント劇場に。
パラマウント劇場の前にある二つのモニターに劇用の映像を流す実験です!!
しかし、そうすんなりうまく行かないのが上海です!!
むしろ、うまくいかなくて当たり前です!!

昨日、劇場のモニター担当のシャオチェ(小姐/超セクシーです!)
に聞いたやり方でデータを作って持って来たのですが、うまくいきません。
そこで、申し訳なさそうに小姐に「あなたのPCで作り直してくれませんか?」と聞くと
快くOKしてくれました!!
しかし、私も小姐も最初は30分でその作業は終わると思っていたのですが、
これがなかなかうまくいかず、
途中PCの作業時間表示が9時間と出たときは二人とも「クレイジー!!!」と叫んでいました。
ちなみに小姐は英語が達者です。

最終的に「PLEASE!!!」という最後の望みをかけたファイル名で書き出しが無事成功!!
結局3時間かかりました。小姐、ベリーベリーシェイシェイ!!!
上海は素敵な人ばかりです!!来てよかった。

次回チャンスがあったら小姐の写真アップします(笑)!!

[2008/11/05]
【製作日記:2007/8/16】撮影日誌 vol.4
【製作日記:2007/8/16】撮影日誌 vol.4

本日はマンションの横にある中学校のマスゲームのかけ声で目覚めました!
ニーッアオ!(おはようございます!)

さて、今回の映画では、上海から撮影済み映像素材を
インターネット回線を利用して日本に送るというテストをするのですが、
その関係で本日は私と伝送担当の芝野さんと通訳の陳さんの3人で
フートン地区にあるCNCという会社に行ってきました!

が、その前に芝野さんのリクエストで電気屋に寄ることに。
案内してもらったのはマンションの近くにある比較的大きなPCショップで、
芝野さんはLANのハブ、私は昨日壊れた(涙)変圧器を購入。
ついでに芝野さんが携帯を買いたい(3Gだと日本でも使えるらしい)ということだったので
携帯ショップを見て回rることに。
いろいろ見てまわったのですが、やや値が張るということと、
欲しい携帯が無かったので結局購入せず。。。

その後、CNCで機材の設置と日本側とのアクセスを試みたのですがなかなかうまくいかず、
挙げ句の果てにPCに取り付けたキーボードが壊れているらしく「G」という文字が打てなくて、
芝野さんhぶち切れで・・キーボードに空手チョップをお見舞いしていました。^^
写真はその直後の芝野さんです。

その後、日本側とのアクセスはなんとかうまくいき一安心。
どうやら北京側の回線の問題だったようです。
通訳の陳さんは今日までのアテンド。陳さんはほんとに素敵な女性で、
この二日間本当に親切にしてくれ助かりました!!
シェイシェイ陳さん!

明日はついに本隊が上海上陸です!
税関で昨日のようなトラブルがなければいいのですが...
いや、きっと大丈夫でしょう!!信じましょう!

[2008/10/29]
【製作日記:2007/8/15】撮影日誌 vol.3
【製作日記:2007/8/15】撮影日誌 vol.3
ニーハォマ。上海にやってきました。

nikki003-3.JPG軍事演習のため飛行機が2時間遅れましたが
チャイナエアーに乗って成田から約2時間半かけて、
ついに上海の地に降り立ちました。
ほとんどのスタッフは明後日の出発ですが、
私はもろもろの準備のため二日早くの到着です。
正直、いろいろトラブルがありましたが、ようやく
通訳の陳さんにプートン空港まで迎えに来てもらい、
夜の10時頃に宿泊先に到着しました。
陳さんはとても気のいい明るい女性です。

宿泊先は上海の中心部にあるマンションで、
到着するなり現地スタッフの高島さんに鍵の開け方の
レクチャーを受けました。かなり難しいです。
鍵がささらないんです。

その後、近くのコンビニを案内してもらいコーラと水を購入。
コーラは日本のデザインと違い、600mlです。

nikki003-2.JPGその後、マンションで日本で購入した変圧器を使い
携帯を充電してたら、10分で変圧器が壊れました!
どいうこと!
お前が壊れてどうする!
とつっこみをいれたくなります。

明日はいいことがありますように。
では


[2008/10/25]
【製作日記:2007/8/12】撮影日誌 vol.2
【製作日記:2007/8/12】撮影日誌 vol.2

8/12 〜 13


nikki002-2.JPG本日は川崎でロケです。
昨日のセットも暑かったけど、外も暑い!
炎天下の中、100人以上のエキストラのみなさんに
参加していただいての撮影です。

また、川崎市の協力で本物の消防車に出動していただきました。当然ですが、本物の隊員の方たちの動きは俊敏です。
こちらの演出部の指示に対してかなり的確に動いていただきました!
さすがプロ!映画も実際のレスキューの応用!?
nikki002-3.JPG川崎市及び、消防局の皆様、ありがとうございました!


夜は川崎駅とチネチッタで撮影し、明け方6時頃に撮影終了。
スタッフの皆様本当にお疲れさまでした。
ちなみに監督はこの日、撮影終了後、昼の12時まで飲んでいました。
監督が誰よりも元気かもしれません...


nikki002-4.JPG次の撮影はいよいよ上海です。
日本から3時間。遠いようで近いようで遠い魔都上海。
みんな無事帰国出来るのか!?

写真は12日のお昼ご飯と消防車。
それに、監督と撮影の柴主さんです。



[2008/10/08]
【製作日記:2007/8/11】撮影スタート!
【製作日記:2007/8/11】撮影スタート!
2007/8/11

初日はスタジオでの暗号解読室のセットからです。
このセットは美術部さんの血と汗と涙の結晶で、
かなりかっこいい出来になっています。

皆さんにも劇場で是非このセットに注目していただきたいのですが、
このスタジオには欠点がひとつあります。
というのも、スタジオにはクーラーなどという近代的なものは当然無く、
ものすごく暑いです!
言葉では表現できないくらい暑いです!

息ができないこの感じ、みなさんにはわかるでしょうか?
制作部さんがスポットクーラー2台と大型扇風機3台と
氷柱2本を用意してくれていますが、暑いの一言です。

この暑さの中、貫地谷さんはじめキャストの皆さんは汗だくで演技していました。
しかし、そこはプロ。皆さん暑さをものともしない熱演で、午後7時には撮影終了。
貫地谷さんの撮影が本日のみなのがとても残念ですが、無事初日が終わりました!
明日はロケです!
© 2008 DETECTIVE OFFICE. All Rights Reserved.