2ndシーズン1stシーズン
インタビュー
ストーリー
キャスト・スタッフ
BS放送日時
フラッシュ



▲2ndDVD発売中!

第16回 俳優 宍戸錠

「人間ってみんな探偵じゃないといけないよってぐらいの気持ちですね。」
宍戸会長の林監督に対する印象や、単に俳優という視点で作品を見るのではなく、映画撮影の手法についてなど、見ごたえ十分。

第15回 俳優 佐野史郎

「林監督とは、かなり深い因縁を感じますね。」
はたして佐野さんは、何をイメージしながら探偵501を演じているのか? 佐野さんにとっての「探偵事務所5」とは?

第14回 俳優 中沢青六

「際立った個性の人達ばかりだから、見てて飽きないと思いますよ」
ベテラン俳優の視点で見た林監督、そして探偵事務所5における役づくり、そして物語の舞台である川崎についての個人的な感想が語られている。探偵事務所5ファンへのシンプルなメッセージも必見。

第13回 女優 貫地谷しほり

「海象監督じゃないと撮れない色がある…参加できて幸せ」
劇場版・ネットシネマ版とも重要な役柄を演じる貫地谷さん。瞳という役柄について、また極寒?極暑?の撮影秘話や、舞台である川崎の印象など語っていただきました。

第12回 プロデューサー 古賀俊輔

「各話の特徴づけと継続性とのバランス、また各メディアのすみ分けと連動性を常に意識−」
映画、ネットシネマ、漫画、DVDとクロスメディア展開する探偵事務所5を統括するプロデューサー古賀氏が、この長期プロジェクトについて大変だったことや、印象に残った作品などについて語る。

第11回 監督 久万真路

「5の基盤をどう作っていくか」
林海象氏の徹底したこだわりや遊び心が随所に見られる「探偵事務所5」の世界を通して感じたこととは?「川崎少年探偵団」の場面を交えてお届けします。

第10回 俳優 鈴木リョウジ

「川崎という街の良さを見直すいいきっかけに」
探偵542オッドアイを演じる上で心がけたことなど「み●なくるう」の名場面を交えてお届けします。

第9回 録音 弦巻 裕

「見ている人が気がつかない自然な音を」
音のスペシャリスト弦巻氏が語る“録音”の仕事とは?理想の映画とは?

第8回 女優 櫛山晃美

「椿って実は普段の私に近いものがあるんです」
探偵事務所5 IT部所属の天才プログラマー「椿」について語る。気になる599との今後は?!

第7回 脚本家 徳永富彦

「探偵とは・・・人間そのものなんだと」
ネットシネマの脚本だけでなく、漫画版の原作も手掛ける徳永氏。100人の探偵たちをどう描いているのか?

第6回 俳優 虎牙光揮

「緊張とワクワク感が常にある現場。トレーニングも毎日欠かさず」
記憶と痛みをなくした探偵555を演じる虎牙さんの素顔に密着。

第5回 制作現場を支えるスタッフたち
ラインプロデューサー 湊谷恭史「映画とネットシネマあわせて30本。観ていただける方の立場に立った絵作りを」
年間に数十本という現場を取り仕切るラインプロデューサーの仕事とは?また映画とネットの制作の違いなどについて語る。

制作 中島正志「地元川崎の方々にご理解をいただくために」
制作担当の仕事とは?また思い出に残ったロケ地などについて語る。

第4回 女優 夏生ゆうな

「現場はとてもアットホームな雰囲気。撮影にくるのが楽しみ」
変装の名人探偵532の撮影秘話、ネットシネマの面白さなどについて語る。

第3回 撮影監督 長田勇市

「ネットシネマとしての新しい映像スタイルを作っていこうかなと」
映像を創っていく上で心がけたこと、印象に残っている映像について語る。

第2回 俳優 柏原収史

「台本をもらう度にワクワク…そこには夢がある」
出演に至ったきっかけ、探偵事務所5の魅力や役作りの苦労などを伺った。尚最後にファンの方々へのメッセージも。

第1回 監督 林 海象

「100本作ってみたとき何が見えるか」
探偵事務所5制作のきっかけや、思い入れがある探偵について、またシリーズの今後について語る。
▲ページ先頭へ戻る